48 三位一体主日後第12主日(8-9_8-15) 〔テーマ:世界平和〕 創立30周年記念宣言「教会と国家の宣言」より)

2015年06月03日 22:44

三位一体主日後(8・9~15)〔第12主日〕(テーマ:世界平和

(創立30周年記念宣言「教会と国家の宣言」より)

 

(呼びかけ)

 教会と国家の頭(かしら)なる、主イエス・キリストの父なる神様。

(頌栄)

 主権的な創造者である聖なる三位一体の神は、贖い主イエス・キリストに、天においても地においてもいっさいの権威を授けて、御自身の支配を宣言し、神の国を樹立されました。神は、イエス・キリストの死と復活と高く引き上げることにより、万物をキリストの足の下に従わせ、キリストを万物の上にかしらとして教会に与えられました。この教会のかしらキリストによって、神は万物を支配しておられます。

 私たちはイエス・キリストを、もろもろの王の王・主の主・国々の統治者また審判者として礼拝し、主イエスに服従いたします。(創立30周年記念宣言1・1より)

(感謝)

 私たちは今、神の恵みと導きとを思い、さまざまな罪と弱さにもかかわらず、み栄えを現わされた神の恵みの選びを賛美し、あらゆる良い賜物の源である主イエス・キリストの父なる神に、言いつくせない賛美と感謝をささげます。(創立30周年記念宣言序文より)

(告白)

 しかし、私たちは、かつて私たちが陥った罪と誤りを主のみ前に深く恥じます。私たちの教会はなお、与えられた神の恵みに応えるには、国家に対する使命と責任を果たす祈りと努力の点で、なお足りなかったことを、率直に告白いたします。(創立30周年記念宣言序文より)

(赦罪)

 「主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤(すき)とし、槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げず、もはや戦うことを学ばない(イザ2・4)」。「実に、キリストはわたしたちの平和で(エフェ2・14)」す。「キリストはおいでになり、遠く離れているあなたがたにも、また、近くにいる人々にも、平和の福音を告げ知らせられました(エフェ2・17)」。

(歎願・執成し、祈願)

 私たちは、今なお小さい群れです。しかし「恐れるな、小さい群よ」と呼びかけてくださる主は、歴史の中で、いつも、小さい群れを用いて大きなわざを行なわれました。私たちも、教会と国家の主であるイエス・キリストの教会にふさわしく、平和の福音によって、国家に対してのみならず、全世界に対して、責任を果たすことができ、それによって主の栄光が教会を通しても、国家と全世界にも表わされるよう、祈ります。

 願わくは、すべてのものを生かしてくださる神のみ前と、またポンテオ・ピラトの面前でりっぱなあかしをされた主キリスト・イエスのみ前で、私たちも大胆に、全世界に対して、平和の福音を言い表わすことが出来るよう御力を与えて下さい。(創立30周年記念宣言序文より)

今、聖霊によって、私たちの心をあなたに向け、あなたがその民に語られる平和の福音の言葉に耳を傾けることが出来るように助けてください。

 病のため、高齢のため、また、やむを得ずして、この礼拝に出席できない兄弟姉妹に慰めと平安を与え、一時(ひととき)でも主を仰ぐことが出来るように導いて下さい。

旅の内にある兄弟姉妹、他住の兄弟姉妹、全世界の各地で困難を覚えておられる兄弟姉妹をお守り下さい。

(結び)

 主イエス・キリストの御名によってお祈りいたします。アーメン。