37 三位一体主日後第1主日(5-24_5-30)〔テーマ:三位一体(父)〕重複可能性あり

2015年06月03日 15:35

三位一体主日後(5・24~30)〔第1主日〕(テーマ:三位一体〔父〕)重複可能性あり

 

(呼びかけ)

父、御子、聖霊であり、同じ一つの本質、力、永遠性を持つ、ひとりの生けるまことの神様。

(頌栄)

 あなたは、霊でいらっしゃり、その存在、知恵、力、聖、義、善、真実において、無限、永遠、不変のお方です。

あなたは、すべての存在の唯一の源であり、全く満ち足りておられ、御自身の栄光のために、天地万物を創造し、すべてのものをあなたの主権の下に置いて支配し、無限で、変ることも、誤ることもなく、何事であれ御心のよしとされることを行われます。

あなたは、すべての罪を憎み、罰すべき者を決して罰せずにはおかれない、公正な審判者です。

(感謝)

 しかし、あなたは、決して、手に届かない、遠くにいらっしゃる冷たいお方ではありません。

 あなたは、熱情の神でいらっしゃり、「わたしを否む者には、父祖の罪を子孫に三代、四代までも問う」と私たちを威嚇して罪から遠ざけ、「わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には、幾千代にも及ぶ慈しみを与える」と、私たちに祝福を豊かに与えて下さいます。

 あなたは、あなたが御言葉によってよしとされた礼拝をも、奉仕をも、ささげものをも、服従をも、受け入れて下さいます。心より感謝いたします。

(告白)

 しかし、私たちは、あなたのよしとされた方法ではなく、私たちの都合のよい方法で礼拝しようとます。私たちは、あなたを喜ばせるのではなく、自分が批判されないために奉仕します。私たちは、自分をよく見せるためにささげます。私たちは、世を恐れて、自分の殻を破ってまで、あなたの御言葉に服従しようとはしません。あなたを心の底から信頼していないからです。この愚かなしもべをお赦し下さい。

(赦罪)

 しかし、あなたは、このような弱さを持つ私たちを、愛に満ち、恵みに富み、憐れみ深く、忍耐強く、慈しみ豊かで、あなたの御前にへりくだり、あなたを熱心に求める者たちには、主イエス・キリストにあって、不正と過ちからなる、あらゆる罪を赦して下さいます。

(歎願・執成し、祈願)

 願わくば、あなたが私たちに与え続けておられるあらゆる恵みに眼を開くことができるように私たちを清め導いて下さい。

 願わくば、あなたの創造なさった万物に、あなたの御手が常に添えられていることを、そして、そこにあなたの大いなる御わざが働いていることを見させ、生けるまことの神である、あなたを、ますますほめたたえる者として下さい。

 願わくば、とりわけ、私たちを御言葉に導いて下さい。今日、ここで語られる御言葉によって、あなたが生けるまことの神でいらっしゃることを、つぶさに悟ることができるように、御霊を注いでください。

 病のため、高齢のため、また、やむを得ずして、この礼拝に出席できない兄弟姉妹に慰めと平安を与え、一時(ひととき)でも主を仰ぐことが出来るように導いて下さい。

旅の内にある兄弟姉妹、他住の兄弟姉妹、全世界の各地で困難を覚えておられる兄弟姉妹をお守り下さい。

(結び)

 主イエス・キリストの御名によってお祈りいたします。アーメン。