04-02灰の水曜日祈祷礼拝式文2

2015年10月11日 19:51

04-02灰の水曜日祈祷礼拝式文2
2015年06月18日 17:55
灰 の 水 曜 日 祈 祷 礼 拝

          0000年0月00日(水)午後0時00分

                     司 式 



前   奏  「我ら悩みの極みにありて」〈BWV641〉

J.S.バッハ

頌   栄  540

招きの言葉

祈 祷 1

讃 美 歌  249

交  読  詩編 51編1~19節

讃 美 歌  254

祈 祷 2

讃 美 歌  521

聖   書  

説   教 「

讃 美 歌  250

頌   栄  543

祝   祷







招きの言葉(司式者)

あなた方がたは塵ちりから造つくられ、塵ちりそのものであることを、

そして、塵ちりに帰かえる身みであったことを悟さとりなさい。

それだけではなく、あなた方がたは自分じぶんが、

今いまやイエス・キリストにあって、

罪つみに死しに、神かみに対たいして生いきていることを感謝かんしゃして覚おぼえなさい。



祈祷 1

司式者

 愛あいする兄弟きょうだい姉妹しまいの皆みなさん。

 主しゅの招まねきの言葉ことばに応こたえて祈いのりましょう。

会 衆

憐あわれみ深ぶかい主しゅなる神かみ様さま

あなたは地ちの塵ちりから私わたしたちを呼よび出だされました。

あなたは洗せん礼れいの水みずによって、私わたしたちをキリストのものとなさいました。

主イエス・キリスト御受難を覚える、この季き節せつに入はいるにあたり、主しゅよ、私わたしたちと共ともにいてください。

憐あわれみに富とむ主しゅが共ともにいて、私わたしたちを支ささえて下くださいますので、

私わたしたちは、自みずからの罪つみの深ふかみを凝ぎょう視しし、再さい確認かくにんすることが出来できるのです。

私わたしたちは、今いま、灰はいのしるしを担にないながら、

悔くい改あらための40日にち間かんに入はいります。

私わたしたちが自みずからの内うちにある深ぶかい罪つみの闇やみを知しることによって、

あなたは、主しゅイエス・キリストの十じゅう字じ架かによる罪つみの赦ゆるしの喜よろこばしさを、

これまで以い上じょうに味あじわわせて下くださいます。

どうか、十じゅう字じ架かの愛あいをもって、赦ゆるしの喜よろこびで私わたしたちの心こころを満みたし、主しゅイエス・キリストの赦ゆるしの恵めぐみによって、歩あゆむことが出来できるようにして下ください。

主しゅイエス・キリストの御み名なによって、乞こい、願ねがいます。アーメン。





讃美歌 254





交 読 詩編 51編1~19節



司式者 神かみよ、わたしを憐あわれんでください/御おん慈いつくしみをもって。 

会 衆 深ふかい御おん憐あわれみをもって/背そむきの罪つみをぬぐってください。/わたしの咎とがをことごとく洗あらい/罪つみから清きよめてください。/あなたに背そむいたことをわたしは知しっています。/わたしの罪つみは常つねにわたしの前まえに置おかれています。/あなたに、あなたのみにわたしは罪つみを犯おかし/御おん目めに悪あく事じと見みられることをしました。

司式者 あなたの言いわれることは正ただしく/あなたの裁さばきに誤あやまりはありません。

会 衆 わたしは咎とがのうちに産うみ落おととされ/母ははがわたしを身みごもったときも/

わたしは罪つみのうちにあったのです。

司式者 あなたは秘儀ひぎではなくまことを望のぞみ/秘術ひじゅつを排はいして知恵ちえを悟さとらせてくださいます。

会 衆 ヒソプの枝えだでわたしの罪つみを払はらってください/わたしが清きよくなるように。/わたしを洗あらってください/雪ゆきよりも白しろくなるように。

司式者 喜よろこび祝いわう声こえを聞きかせてください/あなたによって砕くだかれたこの骨ほねが喜よろこび躍おどるように。

会 衆 わたしの罪つみに御み顔かおを向むけず/咎とがをことごとくぬぐってください。/神かみよ、わたしの内うちに清きよい心こころを創造そうぞうし/新あたらしく確たしかな霊れいを授さずけてください。

司式者 御み前まえからわたしを退しりぞけず/あなたの聖せいなる霊れいを取とり上あげないでください。/御み救すくいの喜よろこびを再ふたたびわたしに味あじわわせ/自由じゆうの霊れいによって支ささえてください。わたしはあなたの道みちを教おしえます/あなたに背そむいている者ものに/罪人つみびとが御みもとに立たち帰かえるように。

会 衆 神かみよ、わたしの救すくいの神かみよ/流血りゅうけつの災わざわいからわたしを救すくい出だしてください。/恵めぐみの御み業わざをこの舌したは喜よろこび歌うたいます。/主しゅよ、わたしの唇くちびるを開ひらいてください/この口くちはあなたの賛美さんびを歌うたいます。

司式者 もしいけにえがあなたに喜よろこばれ/焼やき尽つくす献ささげ物ものが御み旨むねにかなうのなら/わたしはそれをささげます。

会 衆 しかし、神かみの求もとめるいけにえは打ち砕くだかれた霊れい。/打うち砕くだかれ悔くいる心こころを/神かみよ、あなたは侮あなどられません。

司式者・会衆 主しゅよ、私わたしたちを、憐あわれんで下ください。





讃美歌 521

祈祷 2



私わたしたちの造つくり主ぬし、宇う宙ちゅうの支し配はい者しゃ、永遠とこしえの神かみよ、

あなたに感謝かんしゃと賛美さんびをささげることは

真まことに正ただしく、私わたしたちのきわめて大おおきな喜よろこびです。

あなたは、私わたしたちの神かみです。

私わたしたちはあなたの手てで造つくられたものです。

あなたは土つちの塵ちりから私わたしたちを創造そうぞうし、

いのちの息いきを私わたしたちに吹ふき入いれられました。

そして、あなたを愛あいし、仕つかえるように、あなたの世界せかいに送おくられました。

私わたしたちがあなたの愛あいを拒否きょひし、あなたの知恵ちえを無視むししたときも、

あなたは私わたしたちを拒否きょひされませんでした。

あなたは依然いぜんとして私わたしたちを愛あいし、

愛あいと服従ふくじゅうの中なかに、もう一度いちど戻もどるように呼よび出だされました。

それゆえ、私わたしたちはあなたを賛美さんびし、

あらゆる場所ばしょとあらゆる時代じだいの

あなたの御名みなの栄光えいこうを永遠とこしえに賛美さんびする忠実ちゅうじつなものたちと共ともに、

私わたしたちの声こえを合あわせます。

主しゅイエス・キリストの御み名なによって、お祈いのりいたします。アーメン。





讃美歌 249

聖 書

説 教

讃美歌 250

頌 栄 543





祝祷(司式者)

砕くだけた魂たましいを喜よろこばれる、父ちちなる神かみが、

あなた方がたに悔くいる心こころを与あたえられるように。

十字架じゅうじかで私わたしたちの罪つみを負おわれたキリストが

そのみ傷きずによって私わたしたちを癒いやされるように。

私わたしたちをあらゆる真理しんりに導みちびく聖霊せいれいが、

赦ゆるしと平和へいわの言葉ことばをあなた方がたに授さずけられるように。アーメン。